赤ら顔|横浜市都筑区のセンター北ヒロクリニックは、皮膚科・美容皮膚科・形成外科の専門医院です。

センター北ヒロクリニック
  • HOME
  • 保険予約フォーム
  • 自費予約フォーム

赤ら顔

治療が難しいとされる赤ら顔には、さまざまな原因があります。
状態に合わせて最適な治療を選択することが、大切です。
このような方におススメ。
Check 鼻周りが赤い。
Check 以前、酒さと診断された。
Check 蜘蛛の巣のように赤い血管が浮き出ている。
Check ニキビ痕が赤い。
space

赤ら顔の原因

赤ら顔には炎症・皮膚炎に伴うものと、なんらかの影響で毛細血管が拡張して起きるものの2種類に分類されます。
炎症・皮膚炎に伴うもの
乾燥による炎症 乾燥している状態が続くと、角質層が剥がれ、隙間ができてしまい、さらに乾燥が進んでしまいます。さらに、少しの刺激で炎症が起こりやすくなり、赤みが生じやすくなります。
酒さ・ステロイド性酒さ 中高年の鼻や頬を中心に好発し、赤ら顔の状態が数か月以上続く慢性炎症性疾患です。日光やアルコールなどの外的刺激が悪化因子といわていますが、原因は不明です。
また、ステロイドを長期的に内服したり、不適切な外用をすることにより、赤ら顔が生じている場合があります。
症状に応じて、治療を選択していきます。

くわしくはかゆみのページ内の酒さの項をご参照ください。
ニキビによる炎症 化膿ニキビを繰り返して炎症が慢性化していると、毛細血管が新生し、ニキビが治った後も赤みが長期的に残る場合があります。

くわしくはかゆみのページ内のニキビの項をご参照ください。
脂漏性皮膚炎 主に頭や眉間、鼻周囲などの皮脂の出る部位に赤みを生じます。かゆみを生じることもあります。
皮膚の炎症を抑える治療を行っていきます。

くわしくはかゆみのページ内の脂漏性皮膚炎の項をご参照ください。
アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返すかゆみのある湿疹が起きる病気です。
顔面が全体的に赤く、かゆくなる以外に、眉毛外側1/3が薄くなったり(Hertoghe徴候)、下眼瞼にしわが寄ったり(Dennie-Morgan fold)、首に特徴的な色素沈着(dirty neck)がみられることがあります。

くわしくはかゆみのページ内のアトピー性皮膚炎の項をご参照ください。
毛細血管が拡張して起きるもの
薄い皮膚 皮膚が薄いと、真皮層の毛細血管が透けて見えて、赤ら顔に見えることがあります。
生まれつきの体質であることが多いですが、過剰なスキンケア(過剰なピーリングなど)が原因になっていることもあるため、注意が必要です。
ホットフラッシュ 自律神経の乱れにより、体温調整がうまくいかず、顔の血流が一時的に増加して紅潮することを言います。赤ら顔以外にも、暑くもないのに異常な汗が出るといった症状がでることもあります。
更年期障害の治療で改善がみられることもあるため、一度当院へご相談ください。
アルコールなどの過剰摂取 アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドという物質が血液中に増え、血管を広げるため、顔の血流が一時的に増加して紅潮することがあります。
その他、アルコールが酒さの悪化因子になっていることもあるため、注意が必要です。
赤面症 日常的な会話などで過剰に緊張してしまい、顔が赤くなってしまうことです。緊張・不安・恐怖に伴う交感神経の活性によって生じるといわれています。

当院で使用する機器

フォトRF
広範囲の波長の光とRF(ラジオ波)を同時に照射し、シミ(メラニン色素)や赤みなどの皮膚の色素を除去する治療です。
さらに、ラジオ波のエネルギーにより、線維芽細胞が刺激され、コラーゲン・エラスチン生成が促進されることにより、真皮層にふっくら厚みが生まれますので、皮膚が薄く、毛細血管が透けてみえている場合にも対応できます。総合的な肌質改善・アンチエイジング効果も得られます。

詳しくはこちらをご参照ください。
イオン導入
炎症が生じた肌を鎮静化し、赤みを鎮めるとともに、皮膚の真皮層のコラーゲン促進を生成させ、毛細血管や血液の赤みを透けにくくします。フォトRFとの併用をお勧めします。

詳しくはこちらをご参照ください。
その他、症状により外用や内服療法を行うことがあります。
まずはどのタイプの赤ら顔なのか、しっかりと診断をつけることが大切です。
お悩みの方はお気軽にご相談ください。

PageTop

センター北ヒロクリニック
診療時間
※ 各種保険取り扱い。労災指定病院。
※ 休診日は、第4, 5以外の日曜、祝日。
※ ◇と□は急病患者さんを除き、手術など外科的治療、レーザー、自費診療限定の完全予約の時間帯です。