横浜市都筑区にある皮膚科・美容皮膚科・形成外科 アレルギー治療からアンチエイジングまで

HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック
診療科別
皮膚科
形成外科
アレルギー科
診療内容別
レーザー治療
保存的治療
外科的治療
症状別
かゆい
赤い
腫れている
痛い

TOPに戻る

アンチエイジングセラピー

   
お問い合わせ 045(910)4141 予約専用ダイヤル 045(910)4143
HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック 診療時間アクセス院長略歴院長略歴
ルビーレーザーQスイッチレーザー炭酸ガスレーザー
ダイオードレーザーフォトRF半導体レーザーアレキサンドライトレーザー

Qスイッチレーザー

アレキサンドライトレーザーとは
 厚生労働省から医療機器として認可を受けたGentleLASE(米国キャンデラ社製)の脱毛・シミ用に開発されたレーザーです。特徴は、Dynamic Cooling Device(照射時の痛みを最小限に、表皮の熱損傷を軽減する冷却装置)DCDという表皮を保護するためのクーリングシステムを持ち、表皮を痛めることなくレーザーがターゲットとなるメラニン色素のみに吸収され破壊します。
その効果は?
  皮膚へのダメージが最小限に抑えられて、脱毛・シミ・毛穴に最大限の効果をもたらしながら、ニキビ、小ジワ、そばかす、くすみ、キメの粗い肌、日焼けによる色素沈着、皮膚線条、妊娠線条など皮膚のトラブルを改善いたします。

 
表皮を痛めることのないレーザー
  照射時に冷却装置が瞬時に皮膚を冷却するため、肌への負担を最小限にします。


 Dynamic Cooling Device作動時    その直後レーザー照射    


Dynamic Cooling Device
(照射時の痛みを最小限に、表皮の熱損傷を軽減する冷却装置)

レーザー照射前                   レーザー照射後 
   
アレキサンドライトレーザーを使用した治療
  ・レーザーフェイシャル
シミやニキビ・小ジワ・そばかす・キメの粗い肌、日焼けによる色素沈着などに効果があります。
詳しくはこちら

・レーザーピーリング
本来、反応しづらい薄いシミや、小さな毛穴等にも反応することが可能で、特にチリメンジワ・ニキビ跡(レーザーピーリング)などに効果があります。
詳しくはこちら

・レーザー脱毛
痛みが少なく、どの部位にでも使用可能です。
詳しくはこちら
   
レーザーフェイシャル
   冷却装置の付いたレーザー光を顔全体照射する治療です。主に、シミ、ニキビ、小ジワ、そばかす、くすみ、キメの粗い肌、日焼けによる色素沈着、に効果がありno downtimeで治療中も日常生活に支障をきたすことなく、お仕事をお持ちの方も安心して治療をうけられます。

レーザーフェイシャルとは
皮膚は表皮と真皮の二重構造で、表皮の底にある基底層から生まれて成長とともに徐々に上方に変位して最終的に角質となります。それが28日周期でいわゆるアカとなって剥がれ落ちます。現在ケミカルピーリングなどは主流になっておりますが、さらに効果の高い米国FDA公認のアレキサンドライトレーザーによるレーザーフェイシャルが開発されました。シミの源であるメラニン、クスミの原因である毛穴の黒ずんだ角質、キメの細かさを決定する毛穴の縮小をもたらします。 ノー・ダウンタイムで、施術時間も短く肌へのダメージも大変少ないため、施術を終えてすぐに洗顔やメイクが出来、日常生活に支障をきたすことはありません。
 
図@ 治療前の皮膚状態です。角質のキメは粗く、メイクののりが悪い状態です。
毛穴の開きと黒ずみが目立ち、表皮にはシミも確認できます。
図A 治療前の皮膚にプラズマジックジェルを塗布し適切な光を照射したところです。
図B 治療後の皮膚です。
レーザーピーリング効果により角質のキメが整い、滑らかになっています。毛穴も収縮しています。

A.特徴
@ 色調の改善(ソバカスやくすみを取る)
アレキサンドライトは、ルビーと同様メラニンに吸収されやすい波長でありシミ専用レーザーとしても、ルビーレーザーと同様もしくはそれ以上の効果を発揮して色調を改善します。
A 吹き出物を少なくする(ニキビの治療、ニキビをできにくくする) 毛根部に直接照射することによる脱毛効果と、皮脂に存在するアクネ桿菌をレーザー照射熱により殺菌効果もたらし、結果として毛に起因するニキビを改善・再発防止をもたらします。
B 皮膚のコラーゲンを活性化させる(肌のキメを細かく、ハリをもたせる) レーザーが皮膚の真皮まで到達し、真皮に存する繊維芽細胞を活性化してコラーゲンを新生し、肌の内側からの再生・活性化・キメやハリの改善をもたらします。

B.治療回数
レーザーファイシャルは3週おきに5回程度行い、その直後イオン化した水溶性ビタミンCのイオン導入を併用します。 お肌に浸透させることで、照射直後の赤みやひりひり感をおさえ、みずみずしいお肌を得る事が可能となります。

C.治療の受け方                   
1. 個人個人の皮膚をチェックし、カウンセリングを行い、納得のうえで予約。
2. レーザー光の効果が十分に得られるよう、皮膚表面の油脂除去のために洗顔します。
3. 目を保護するためにアイマスクを着けます。照射中は輪ゴムで軽くはじかれる程度の痛みを伴いますが、麻酔を必要とするほどではありません。
4. 照射時間は10分程で照射終了。
5. 照射後の赤みを冷却させるため、ビタミンC吸収ガーゼをのせイオン導入を施行(10分)。
6. 最後にローションもしくはクリームを塗布して終了。

D.注意事項
1. 照射後の赤みや腫れ ------ 一時的に照射部位が赤くなりますが、数時間で収まります。ただ、希に3-4日続くことがありますので、その症状にあわせてクリームを塗布します。治まるまではメイクでカバーされても構いません。
2. かさぶた(痂皮)------- 照射後3〜4日でそばかすは黒いかさぶたになって剥がれてきます。無理には剥がさず、自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。気になれば、メイクでカバーされても構いません。

   
レーザーピーリングとは
  このレーザーフェイシャルに、プラズマジックジェルを組合せた進化型が、レーザーピーリングです。プラズマジックジェルというカーボン色素を塗布した後にレーザー照射をするとジェルに含有されている酸化チタン粒子に反応し、2次分光(370nm〜1000nm間で均一なピーク出力)に変換されます。このプラズマ波がアクネ、ニキビ跡、毛穴黒ずみ、しみ、小じわ、ニキビや赤ら顔の原因である毛細血管、クスミの原因の毛穴の黒ずんだ角質、キメの細かさを決定する毛穴の縮小などを改善に導きます。また、カーボン粒子の含有により光エネルギ?とプラズマ波の2つのエネルギ?の相乗効果で、より少ないジュールで大きな効果を得られるのが特徴です。

プラズマジックジェルでの施術によるアクネへの効果
アクネの原因の半数はアクネ菌(P-acnes)ですが、この細菌に多く存在するポルフィリンに吸収されやすい415nm付近の波長を作り出すことにより、活性酸素を放出しアクネ菌を殺菌することが実証されています。(Photo Dynamic Therapy)また、イオントフォレーシスを併用し、普段のスキンケアでは肌の奥まで届きにくく効果を高めるために有効成分を微弱電流でイオン化して、真皮層まで浸透させるとさらなる効果が期待できます。
プラズマジックジェルのレーザー光による反応の仕組み   レーザー反応二次分光波長グラフ

A.治療の受け方
1. 個人個人の皮膚をチェックし、カウンセリングを行い、納得のうえで予約。
2. レーザー光の効果が十分に得られるよう、皮膚表面の油脂除去のために洗顔します。
3. レーザー照射部位にカーボンピールを塗布します。
4. 目を保護するためにアイマスクを着けます。照射中は痛みを伴いますので必要であれば麻酔を致します。
5. 照射時間は10分程で照射終了。
6. 一度、クレンジングで洗顔します。
7. 照射後の赤みを冷却させるため、ビタミンC吸収ガーゼをのせイオン導入を施行(10分)。
8. 最後にローションもしくはクリームを塗布して終了。

B.注意事項
1.照射後の赤みや腫れ ------ 一時的に照射部位が赤くなりますが、数時間で収まります。ただ、5〜14日続くことがありますので、その症状にあわせてクリームを塗布します。治まるまではメイクでカバーされても構いません。
2. かさぶた(痂皮)------- 照射後4-5日でそばかすは黒いかさぶたになって剥がれてきます。無理には剥がさず、自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。気になれば、メイクでカバーされても構いません。
3. ニキビ肌の方------ ニキビ肌の場合、特に額や口周りにレーザーの刺激で吹き出物が現れたり、ニキビが悪化することがあります。1週間程で、メイクで隠せる程度に症状は落ち着きます。

施術例はコチラ
   
医療レーザー脱毛について
  @ 毛の成長サイクルについて
毛の成長サイクルは成長期、退行期、そして休止期とあります。休止期の毛はメラニン色素が殆どなくレーザーと反応しません。従って、6週おきに6回から10回程度の照射が必要となります。まずは、希望部位のテスト照射して10分後判定の後、ジュール数を決定いたします。

A 医療レーザー脱毛の利点
★ ほとんど痛みがなく、麻酔は要りません。
★ 非常にスピーディーです。
★ どこのむだ毛でもOKです。
★ 見えないような細い毛もOKです。
★ 来院回数が少ないです。
★ 剃った状態でOKです。むだ毛を伸ばす必要がありません。
★ 手や足のむだ毛処理は、全てのムダ毛をなくす必要はなく、目立たなくすること、つまり減毛です。レーザーは数回で毛の本数を減らし、しかも細くするので減毛には最適です。

B 医療レーザー脱毛の欠点
★ 自己処理のために、毛根が分裂して同じ毛穴から何本も毛が出たり、毛が以上に太くなっている場合は脱毛し難い場合があります。
★ 皮膚のメラニン色素と反応して火傷になることがあるため、色が異常に黒い人や、異常に強く日焼けしている人は治療できません。
★ 脱色していたり、メラニン色素の少ない休止期の毛には反応しません。この場合は、フォトRFによる光脱毛を行います。

レーザーフェイシャル・レーザーピーリング料金表(2008.11.1現在)
  レーザーフェイシャル 治療費 レーザーピーリング治療費

 

1回 5回セット 1回 5回セット
顔全体 15750円 63000円 26250円 105000円
頬部 8000円 32000円 15750円 61000円
※なお、治療当日後もお化粧可能で、日常生活に支障をきたすことなく、お仕事をお持ちの方も安心して治療をうけられます。何か、わからないことがあれば、お気軽に医師、看護師におたずね下さい。