横浜市都筑区にある皮膚科・美容皮膚科・形成外科 アレルギー治療からアンチエイジングまで

HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック
診療科別
皮膚科
形成外科
アレルギー科
診療内容別
レーザー治療
保存的治療
外科的治療
症状別
かゆい
赤い
腫れている
痛い

TOPに戻る

アンチエイジングセラピー

   
お問い合わせ 045(910)4141 予約専用ダイヤル 045(910)4143
HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック 診療時間アクセス院長略歴院長略歴
内服外用注射

外用

  外用治療には、スキンケア・消毒・薬剤軟膏・ステロイド軟膏・ドレニゾンテープなどがある。
これらの治療は皮膚疾患治療の重要な療法である。軟膏は基剤(基盤となる材料薬)と、配合剤(薬剤)とからなる。
 
軟膏治療の意義
 
1. 外からの刺激を遮断する
2. 配合剤(薬剤)を皮膚へ浸透させる
3. 消炎効果、かゆみ止め効果
4. 傷から出てくる浸出液の除去
5. 傷のじゅくじゅくを早く乾燥させて皮膚を形成させたり、深くへこんだ傷の皮膚を盛り上げる。
  当院では他にも漢方軟膏も扱っているので、患者さんの皮膚の状態・希望・相談に応じて適宜使用している。