横浜市都筑区にある皮膚科・美容皮膚科・形成外科 アレルギー治療からアンチエイジングまで

HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック
診療科別
皮膚科
形成外科
アレルギー科
診療内容別
レーザー治療
保存的治療
外科的治療
症状別
かゆい
赤い
腫れている
痛い

TOPに戻る

アンチエイジングセラピー

   
お問い合わせ 045(910)4141 予約専用ダイヤル 045(910)4143
HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック 診療時間アクセス院長略歴院長略歴
アトピー性皮膚炎蕁麻疹とびひかぶれ麻疹風疹水痘ケロイド
帯状疱疹単純疱疹凍瘡薬疹光線過敏症全身性エリテマトーデスリウマチ

光線過敏症

  日光にあたると、皮膚があかくなる。発疹など。  
光線過敏症とは?
 
A. 薬の摂取後にみられる発疹症状。
薬疹を起こしやすい薬剤は存在するが、必ずしも起こる訳ではない。また、長年飲み続けている薬物でも、薬疹が発生する可能性もある。多くの薬疹は、薬を飲み始めた初期の段階で発生するため、「付き合いの長い薬なら安心」と思われがちだが、それは間違い。
A. 一般に薬疹と言われるものは「アレルギー薬疹」といわれるもの。摂取した薬物に対し、体内の免疫機能が働くことで起こる。第一段階として、その薬物を「異物」として認識しなければ起こらないために、初めて摂取した薬物で薬疹が起こることはない。二度目以降の摂取時に発症する。初めての薬で薬疹がでた場合は、以前に似た成分の薬物を摂取した経験がある可能性がある。
 
症状 ページ先頭へ
 
・薬剤摂取(薬剤性光線過敏症)
 皮膚に残った薬やその代謝物が光を吸収した後、反応性に富む物質に変化して、細胞を攻撃する「光毒性反応」と、薬やその代謝物の光化学反応により、抗原が形成され、抗原抗体反応が起こる「光アレルギー性反応」がある。

 光毒性反応は、薬と光がある一定量以上になれば、潜伏期間なく、誰にでも起こる可能性がある。一方、光アレルギー性反応は、その発症に免疫機序を介するため、一定の潜伏期間があり、使用する薬に対してアレルギーを起こす人にのみあらわれる。

・膠原病によるもの
  全身性エリテマトーデス
 
治療
  治療は、薬剤性光線過敏症の疑いが持たれる場合には、速やかに当該薬剤を中止し、症状に応じてステロイド外用剤の塗布や、抗アレルギー剤の内服を行う。また、日光にあたることをできるだけ避けることも重要。
 
ページ先頭へ