横浜市都筑区にある皮膚科・美容皮膚科・形成外科 アレルギー治療からアンチエイジングまで

HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック
診療科別
皮膚科
形成外科
アレルギー科
診療内容別
レーザー治療
保存的治療
外科的治療
症状別
かゆい
赤い
腫れている
痛い

TOPに戻る

アンチエイジングセラピー

   
お問い合わせ 045(910)4141 予約専用ダイヤル 045(910)4143
HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック 診療時間アクセス院長略歴院長略歴
アトピー性皮膚炎蕁麻疹湿疹ホクロシミ水虫イボ
とびひ急性ウィルス感染症ニキビかぶれやけどケロイド

とびひ
原因 ページ先頭へ
皮膚の表面に主として黄色ぶどう球菌が感染し、増殖したため。正式には膿痂疹(のうかしん)あるいは伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)という。黄色ブドウ球菌は皮膚の常在菌で皮膚や鼻の穴など誰でも必ず持っている。

初夏から夏にかけて子供に多い皮膚病。成人、老人にもまれにみられる。
免疫力が低下していたり、あせもや湿疹、虫さされなどをかきむしったところに、ブドウ球菌や溶連菌などが入り込んで炎症を起こす。
感染力が強く、かきこわしたり、水疱の液に触れた手で他の部分に触れると「飛び火」のように広がっていく。また、他人にもうつるので幼稚園・小学校では登園登校禁止の場合もある。
症状 ページ先頭へ
多くは鼻の穴の周りに始まる。全身に拡がる。
皮膚にかゆみを伴う大小の水庖・ただれ・かさぶたが出来る。水疱をかきこわすと液が出る。
赤い発疹のようなものが拡大していく。
ヒロクリニックの治療 ページ先頭へ
1.外用治療
シャワー後、よく乾燥させてイソジン液にてよく消毒する。
  抗菌剤、ステロイド剤の入った軟膏を多めにリント布(ガーゼ)にのばし、とびひの部分に貼り付けテープでしっかり覆う。
  1日1〜2回処置を行う。
2.内服治療
 
 

日常生活での注意

手洗い・爪切り
    とびひを全身に広げないためには、水疱をかきこわさないように、また、汚い手で湿疹や虫刺されをかきむしらないようにすることが大切。日頃から、手洗いをよくして、つめを短く切るようにする。予防の面からも、皮膚の清潔を心がける。
ページ先頭へ