横浜市都筑区にある皮膚科・美容皮膚科・形成外科 アレルギー治療からアンチエイジングまで

HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック
診療科別
皮膚科
形成外科
アレルギー科
診療内容別
レーザー治療
保存的治療
外科的治療
症状別
かゆい
赤い
腫れている
痛い

TOPに戻る

アンチエイジングセラピー

   
お問い合わせ 045(910)4141 予約専用ダイヤル 045(910)4143
HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック 診療時間アクセス院長略歴院長略歴
アトピー性皮膚炎蕁麻疹湿疹ホクロシミ水虫イボ
とびひ急性ウィルス感染症ニキビかぶれやけどケロイド

湿疹

脂漏性湿疹
脂漏部位(頭・顔・首・胸・背中)あるいは間擦部(脇の下・へそ・股部・肛門周囲・乳房の下)などに生じる。
男女とも思春期以後に見られる。脂漏分泌の盛んな人に発生しやすく、男性に多い。
遺伝性、体質性であり、再発しやすく、急な完治は難しい。

乳児脂漏性湿疹

生後半年以内に、母親の胎内での女性ホルモンの影響で発生することがある。赤ちゃんの毛穴の数は大人と同じである為、皮膚の面積の割に大変多くの皮脂が出る。毎日、低刺激性の石けんでよく洗い、その後の保湿をしっかりするようにする。

症状
比較的、境界がはっきりした黄褐色がかった赤い斑状の皮疹。細かい粉をふいたような状態のことが多い。
大きなかさぶたが出来たりじゅくじゅくすることがある。
かゆみはあっても軽度。

頭部の場合、ふけを伴う。

ヒロクリニックの治療 ページ先頭へ
外用治療 (症状により抗真菌剤、ステロイド剤を使用)
内服治療 (抗アレルギー薬、ビタミンB2、B6、漢方薬)
 
 

日常生活での注意

頭部の湿疹の場合は毎日洗髪する。
あぶら性用石けんを使用し、皮脂の蓄積を防ぐ。
朝昼夕三食を必ずとり野菜を多く摂取すること。
カロリーの多い脂分の多いものと甘いものは避ける。
アルコール類・ドリンク類なども取り過ぎないこと。

掻破性湿疹
様々な原因(乾燥肌、虫さされ、アトピー性皮膚炎、等)により、かゆいところを頻繁に掻いていると湿疹が出来る。
掻き壊して出来た湿疹のこと。

症状 ページ先頭へ
強いかゆみ。
掻きすぎて出血、細菌感染を起こす場合がある。
ヒロクリニックの治療 ページ先頭へ
外用治療 (ステロイド剤、スキンケア)
内服治療 (かゆみ止め)
※特にかゆみが強い場合は、ステロイドテープもしくはステロイド貼布が必要である。

主婦性湿疹
主婦や飲食業に従事する人、美容師等に多く見られる。主に、冬にお湯を使う機会が多く、大切な皮脂膜が奪われやすい。その為、角質層が厚くなり湿疹が起きやすくなる
合成洗剤による皮脂欠乏、角質水分保持低下、ゴム手袋などによる機械的刺激
秋から冬にかけて悪化する。
症状 ページ先頭へ
指先から手の平にかけて乾燥が始まり、赤み、皮膚のひび割れ、かさかさが拡大していく。
指紋が消えてくる。
かゆみはないが、ひび割れによる痛みがある。
ヒロクリニックの治療 ページ先頭へ
外用治療 (ステロイド剤、ドレニゾンテープ、スキンケア)
内服治療 (抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬)

日常生活での注意

直接水、湯に触れないようにする。
   →→手に軟膏を塗布し、木綿手袋をはめた上からゴム手袋を装着する。
乾燥を防ぐため、しっかり保湿する。
ページ先頭へ