横浜市都筑区にある皮膚科・美容皮膚科・形成外科 アレルギー治療からアンチエイジングまで

HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック
診療科別
皮膚科
形成外科
アレルギー科
診療内容別
レーザー治療
保存的治療
外科的治療
症状別
かゆい
赤い
腫れている
痛い

TOPに戻る

アンチエイジングセラピー

   
お問い合わせ 045(910)4141 予約専用ダイヤル 045(910)4143
HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック 診療時間アクセス院長略歴院長略歴
アトピー性皮膚炎蕁麻疹湿疹ホクロシミ水虫イボ
とびひ急性ウィルス感染症ニキビかぶれやけどケロイド

シミ

老人性色素斑
皮膚表面からの盛り上がりのない褐色の斑点。主に中年以降の人の顔や手の甲、腕に好発する。
原因
一般には、長い期間繰り返して日光に当たったことが原因だと考えられる。
紫外線により皮膚の中にあるメラニン色素が刺激され、皮膚表面にシミとなって浮き出てくる。

症状
そばかす状の小さい色素斑が多発する場合と、大きい色素斑が単発または数個散発する場合とがある。
ヒロクリニックの治療 ページ先頭へ
 
治療前
治療後
・内服治療 ビタミン剤
・外用治療 ビタミンC誘導体ローション、
・レーザー治療 ルビーレーザーQスイッチルビーレーザー
ケミカルピーリング グリコール酸
イオントフォレーシス  
フォトRF(フォトフェイシャルRF)

日常生活での注意

できるだけ、紫外線を避けることが必要。
  色素の沈着を防ぐには、UVAとUVBの両方をカットする遮光剤(日焼け止めクリーム)が効果的。外出の際には顔だけでなく手などの露光部にも塗るようにする。
 

肝斑
  目の下から頬の上にかけて左右対称にある境界のはっきりした色素斑。20〜40代の女性に多い。  
原因 ページ先頭へ
紫外線
ストレス、過労、経口避妊薬(ピル)・てんかん剤の内服
内分泌機能と関連があるといわれている。
→妊娠に伴い出現、悪化し、分娩後軽快。 女性ホルモンのプロゲステロン値が高い人
日本人の皮膚は肝班が出来やすい。皮膚の色が浅黒い人ほど出来やすい傾向がある。

症状 ページ先頭へ
左右対称性で境界がはっきりした淡褐色〜暗褐色の、地図状の色素斑。
表面はなめらかで、炎症症状や自覚症状はない。
ヒロクリニックの治療 ページ先頭へ
・内服治療 ビタミンCとトラネキサム酸の内服
・外用治療 ビタミンC誘導体ローション、美白軟膏
・レーザー治療 悪化する場合もあり、初めにテスト照射する。効果があれば継続する。
ケミカルピーリング  
イオントフォレーシス  
フォトRF 悪化する場合もあり、初めにテスト照射する。効果があれば継続する。
   
 

日常生活での注意

一般的には治り難い疾患で、しばしば再発を繰り返し、治療には長期を要する。すぐに効果が現れないと言って、病院を転々とすることはやめましょう。
紫外線を避ける。日焼け止めクリームを使用。予防にもつながる。
ストレスを避け、心身の休養や、充分な睡眠時間を取ることが必要。

色素沈着症(発疹後または炎症後)
  皮膚の発疹、または治ったあとに残る褐色の色素沈着。
これを残しやすい皮膚病としては疱疹(ほうしん)状皮膚炎、湿疹、刺咬(しこう)症、局面性湿疹、火傷などがある。
※治療は、老人性色素斑と同じ。
 

ページ先頭へ