横浜市都筑区にある皮膚科・美容皮膚科・形成外科 アレルギー治療からアンチエイジングまで

HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック
診療科別
皮膚科
形成外科
アレルギー科
診療内容別
レーザー治療
保存的治療
外科的治療
症状別
かゆい
赤い
腫れている
痛い

TOPに戻る

アンチエイジングセラピー

   
お問い合わせ 045(910)4141 予約専用ダイヤル 045(910)4143
HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック 診療時間アクセス院長略歴院長略歴
アトピー性皮膚炎蕁麻疹湿疹ホクロシミ水虫イボ
とびひ急性ウィルス感染症ニキビかぶれやけどケロイド

蕁麻疹
Q.蕁麻疹とは?
A. 突然体の一部分にかゆみを伴った赤い膨疹(皮膚の表面がぷっくりと隆起)が出現する。
A. 通常、数十分〜数時間で消えるが、強いかゆみがあるため、掻いたりするとどんどん広がってますますかゆくなる。
A. 蕁麻疹の体質の人は、花粉症・アレルギー鼻炎・アレルギー結膜炎・喘息・湿疹・アトピー性皮膚炎を伴い易い傾向がある。
 
 
・急性蕁麻疹:数日で治癒するもの
  ・慢性蕁麻疹:4週間以上続くもの

原因
1)飲食物………………… エビ・カニなどの魚介類、そば、肉類、食品添加物など
2)薬剤…………………… 風薬、痛み止めなど
3)吸入物………………… 花粉、ダニ、ハウスダスト、ペット、虫さされなど
4)感染症・内科的疾患 風邪・扁桃炎・胆嚢炎・歯槽膿漏・ピロリ菌
胃腸障害・肝臓疾患・膠原病・悪性腫瘍
5)体調の変化…………… 精神的ストレス、睡眠不足、過労など
6)物理的刺激…………… 日光蕁麻疹・温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹など
1、3に関してはアレルギー検査が可能だが、それ以外においては原因がはっきりしないことが多い。
ヒロクリニックの治療 ページ先頭へ
内服治療
・抗アレルギー剤 ・抗ヒスタミン剤
  ※慢性蕁麻疹の場合は、内服薬の漸減が必要である。
 
 

日常生活での注意

1. 掻かないこと。掻けば掻くほど増える。
2. 激しい運動、アルコールは控える。
3. 入浴は避け、シャワー程度にする。擦り過ぎに注意。
4. 暖めるより冷やしたほうが良い。(寒冷蕁麻疹は除く)
5. 規則正しい生活で、十分な休養、睡眠を。
6. アレルギーでなくとも、とろろや糖分の多いものは、かゆみを増すので控える。特に急性蕁麻疹の時は、消化の良い、刺激の少ない食事に心がける。
ページ先頭へ