横浜市都筑区にある皮膚科・美容皮膚科・形成外科 アレルギー治療からアンチエイジングまで

HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック
診療科別
皮膚科
形成外科
アレルギー科
診療内容別
レーザー治療
保存的治療
外科的治療
症状別
かゆい
赤い
腫れている
痛い

TOPに戻る
アンチエイジングセラピー
お問い合わせ 045(910)4141 予約専用ダイヤル 045(910)4143
HIRO CLINIC センター北ヒロクリニック 診療時間アクセス院長略歴
アトピー性皮膚炎蕁麻疹湿疹ホクロシミ水虫イボ
とびひ急性ウィルス感染症ニキビかぶれやけどケロイド

アトピー性皮膚炎
Q.アトピー性皮膚炎とは?
A. 何らかの刺激(食事・花粉・乾燥など)で皮膚がかゆくなる病気。かゆみが強い慢性湿疹の一種で、特有の発疹が反復してできるのが特徴。
A. 掻くことにより皮膚が発赤したり、じくじくしたり、かさぶたができる。
赤みが消えても、ザラザラして乾燥した皮膚が常にみられる。
A. 良くなったり、悪くなったりを繰り返し、慢性的な経過をたどるが、自然治癒することもある。
 
 

アトピー性皮膚炎の定義

1.痒みがある
2.特徴的な湿疹の分布 (左右対称性など)
3.慢性に繰り返す  1歳未満:2ヶ月以上  1歳以上:6ヶ月以上

原因
遺 伝………………………… 本人または家族に、喘息・花粉症(アレルギー性鼻炎、結膜炎)・蕁麻疹・アトピー性皮膚炎を高率に伴う。
外からの刺激、アレルゲン…  ダニ・ハウスダスト・カビ・花粉・食べ物など
皮膚の異常…………………… 皮膚を保護する油(皮脂)・角質層に問題があり、皮膚のバリアー機能が低下している。
 
 

バリアー機能が低下すると

アトピー性皮膚炎患者の皮膚は皮脂が少なくなっており、乾燥してカサカサしている。外からの細菌やウイルスに対して抵抗力が低下しているばかりか、いろいろな刺激に敏感になっており、アレルゲンも侵入しやすくなってしまう。
   
 

掻くことによる症状の悪循環


アトピー性皮膚炎と年齢 ページ先頭へ
  アトピー性皮膚炎は年齢によって変化する。
1.乳児期(2ヶ月〜2歳)

・乳児湿疹ともいう。顔面、首に発赤、湿潤(ジュクジュク)、かさぶたができる。
・食事アレルギーが原因のことが多い。

2.幼・小児期(2〜12歳)
全身の乾燥肌(カサカサ)が目立つ。鳥肌様、冬に悪化する。小児乾燥型湿疹ともいう。
体の毛穴に一致した固いブツブツが増加。
肘、膝の裏などに左右対称性のガサガサした皮膚に厚い湿疹(苔せん化)ができる。
耳切れ
痒みが強い。
家ダニ、ハウスダストが原因のことが多い。
3.成人期(12〜23歳)
発生には3つのタイプがある。

A:幼小児期からの継続、頑固な経過をとることが多い。
B:幼少児期のアトピーが一時治り、成長してから再発
C:成人期になってから発症する

主に上半身(顔・首・胸・背中・お尻)に好発する。
幼・小児期の症状がより著明となる。乾燥性の皮膚の厚くなった湿疹は広範囲に広がる。
掻き壊しがひどく、色素沈着、色素脱失、皮膚肥厚を伴う。
顔の赤みの増強
精神的ストレス(学校、仕事、結婚)による症状の悪化
ヒロクリニックの治療 ページ先頭へ
治療の三本柱: 保湿(スキンケア)、かゆみ止め(抗ヒスタミン剤)、
症状に合わせた外用薬
1.外用治療
・ステロイド外用剤 ・非ステロイド外用剤
・プロトピック軟膏   ・漢方薬
・スキンケア    ・超酸性水の噴霧
2.内服治療
・抗アレルギー剤 ・抗ヒスタミン剤
・インタール内服    
3.レーザー治療: 近赤外線レーザー(星状神経節に週一回程度ソフトレーザーをあてる)
 
 

日常生活での注意

1. 食べ物…大部分のアトピー性皮膚炎の患者さんでは、食べ物が原因となることはほとんどない。しかし、乳幼児では、牛乳・卵・大豆などが悪化因子となることがある。もし、食べ物が疑われる場合には、献立(食材)を記録してその因果関係を調べてみるのも一つの手段である。また、リノール酸の多く含まれる油料理、マーガリン、マヨネーズ、ドレッシングをなるべく減らし、魚の脂肪をとるようにする。
2. 衣類…体に触れるものは、吸湿性、通気性の良い、柔らかい綿繊維にする。ウールなどの動物性繊維は避ける。
3. 洗剤…洗濯用の洗剤は、合成洗剤でなく、石けん洗剤(シャボン玉・粉石けんスノールなど)を使い、よくすすぐ。漂白剤や柔軟剤は避ける。
4. 運動…制限はないが、運動後は、早めにシャワーを浴び、汗や汚れを落とすようにする。
5. 環境…冬の乾燥により、かゆみが強くなるので暖房しすぎないようにする。夏の高温多湿も、かゆみの原因となるのでクーラーなどで過ごしやすいように工夫する。じゅうたんやカーペットは、ちくちくするし、ダニの住みかにもなるので、なるべく使わないようにする。部屋の掃除は毎日念入りに行うようにする。
6. 髪型…毛先が首に触れると、ちくちくしてかゆくなるので、髪を短くして触れないように工夫する。
7. 掻かないように! ★夜間無意識に掻いている場合が多い。
→工夫   a. 爪をいつも短く切っておく。
  b. 綿手袋をして寝る。
  c. ドラえもん固定
(手に柔らかいものを握らせ、グーのまま、包帯でぐるぐる巻きにする方法)
  d. アイスノン、氷まくらなどを毛布の中に入れて寝る。
8. その他、アトピー日記を活用するのも一つの方法。医師に相談してみてください。
ページ先頭へ